読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

minttyを使ってみる

TwitterのTLで流れてきたタイトルに惹かれて、触ってミました。
exeをクリックしてポン!・・・と出来なかった部分もあるのでメモ書き程度に。
普段使ってるPuTTYより使いやすくなきゃ意味ないよね!ってことで
自分用の構築手順だったりします。

きっかけとなったTL


主にこの発言中の記事をベースに構築して行きました

MSYSのインストール

まず、MSYSの最新版をダウンロード。
この時の最新は、「mingw-get-inst-20111118」でした。
exeをダブルクリックして、ひたすら「Next」をクリック。
途中の選択項目は、

  • Use pre-packaged repository catalogues
  • I accept the agreement
  • 「MSYS Basic System」にチェックをつける


です。


インストールが終わったら。
スタートメニュー→MinGWMinGW Shellを起動

$ mingw-get update
$ mingw-get install mintty

で、minttyをインストールします。
インストール後起動確認として、

$ mintty

起動出来るか確認しましょう。


できたら一度全部ウィンドウを閉じて、
MinGW Shellのショートカットを作り、プロパティを開く。
リンク先の項目に「--mintty」の引数を追加する。

例:
C:\MinGW\msys\1.0\msys.bat --mintty

OKを押せばダブルクリックするだけでminttyが立ち上がります。

  • 追記(2013/04/21)

イツキの爪磨ぎ跡: Win上にターミナル環境を構築する。(MSYS & mintty) さんより、
直接ショートカット作る方法があったので合わせてメモ。
ショートカットの作成時に、

[MinGWインストールフォルダ]\msys\1.0\bin\mintty.exe /bin/bash --login -i 
例:
C:\MinGW\msys\1.0\bin\mintty.exe /bin/bash --login -i 

をすると、タスクバーに直接配置しても起動できる。

  • 追記(2013/05/30)

こっちの方法でminttyを起動すると、
Windowsのファイルで日本語関連見ようとすると文字化け起こる。
原因は不明なり。


この状態ですと、$HOMEが設定されていないので環境変数を設定します。
ファイル名を指定して実行→sysdm.cpl→「詳細設定」タブ→環境変数→ユーザ−環境変数の新規
の順でアクセスし、

変数名 HOME
変数値 C:\Users\<ユーザ名>

に設定する。(<ユーザ名>にはログインしてるユーザ名を入れる)

フォントの設定

プログラミング用フォントということで
「Inconsolata」とメイリオフォントを組み合わせたものを使いました。
今回参考記事には「Google Web Fonts」にあるものがレンダリングきれいだよ!ってあったんですが、
いざメイリオフォントとフォントリンクすると、全角文字が悲しい表示になりました。(※下に追記あり)


色々と解決策模索したんですけど、同じ症状の人が居ないという悲しい状況。
なんででしょうかね?
仕方ないので、Inconsolataの配布してる公式から
「OpenType file」をクリックしてダウンロードしたものを使用しました。
フォントのインストールは、
スタートメニュー→コントロールパネル→フォント
から開いたウィンドウにインストールしたいフォントD&Dをすればインストールできます。


このフォントに日本語が含まれていないので日本語フォントとフォントリンクして使います。
ファイル名をして逸して実行→regedit
→「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLink」に移動
→右クリックし、「新規」→複数行文字列値→「Inconsolata」と入力→作った値をダブルクリック
→「値のデータ」に「MEIRYO.TTC,Meiryo」と入力

入力後要再起動。


HOMEに設定したフォルダに適当に日本語書いたテキストを用意します。
今回例として、tututen.txtを作り、中には

あいうえお
かきくけこ
0123456789
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz

と入力しました。


そして、確認のために

$ less tututen.txt

と入力して表示を確認。

↑のように表示できてればフォントリンク成功です。

  • 追記(2013/05/30)

上記で「OpenTypeだと文字が横半分に潰れる!!」ってこと嘆いたら、
コメントで改善方法載っけてもらったので試してみました。
結果成功しましたよ!!


先ほどのレジストリ書き込む祭に、

→「値のデータ」に「MEIRYO.TTC,Meiryo」と入力


とあったところを

→「値のデータ」に「MEIRYO.TTF,Meiryo,64,85」と入力

と置き換えてレジストリを保存しPC再起動したら行けました!
同じ症状が出た方は是非ためしてみるといいですよ!
おすすめ。

sshを使う

$ mingw-get install msys-openssh msys-openssl

でインストール。

まとめ

minttyを使う最大の利点として、コマンドだけで鍵を作れるところ。
PuTTYとかTeraTermだといろいろと別のexe起動しなくちゃならないのが、
minttyだと、scpもssh-keygenも使えるので、鍵を簡単に作れちゃいます。
その鍵を使用して、UbuntuCentOSにも接続できることを確認しました。
~/.ssh/configもきちんと書けば多段接続も動くのが確認できたので、
Windowsで動くssh蔵としては十分なんじゃないでしょうか??
という、うち個人の意見でした。