読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらインターネットにMercurialを入れてみる。

といっても、ほぼ
さくらとPythonとMercurial。 - オレの劣化が止まらない さんのところと、
さくらインターネットにインストールしたMercurialをバージョンアップ : サルノオボエガキ さんのところを参考に真似ただけという。
pythonは手探り感が否めない。ま、はじめたばっかだし!


まぁ、個人的なメモでもあるので一応手順を残します。

  • easy_install 使うための下準備
$ cd
$ mkdir $HOME/local/lib/python2.6
$ cd $HOME/local/lib
$ ln -s python2.6 python
  • 下準備その2、この作業後いったん繋ぎ直し(ログアウト)したほうがいい。
$ vi ~/.bashrc
export PYTHONPATH=$HOME/local/lib/python:$HOME/local/lib/python/site-packages

$ cd
$ ln -s local/bin bin
  • 再接続後、easy_installのインストール・設定
$ cd
$ mkdir tmp
$ cd tmp
$ wget http://pypi.python.org/packages/source/s/setuptools/setuptools-0.6c11.tar.gz
$ tar xzf setuptools-0.6c11.tar.gz
$ cd setuptools-0.6c11
$ python setup.py install --home=~/local

$ cd
$ vi .pydistutils.cfg
[easy_install]
install_dir=~/local/lib/python
$ easy_install Mercurial
Searching for Mercurial
Reading http://pypi.python.org/simple/Mercurial/
Reading http://www.selenic.com/mercurial
Best match: mercurial 1.6
...
easy_install Mercurial
Searching for Mercurial
Reading http://pypi.python.org/simple/Mercurial/
Reading http://www.selenic.com/mercurial
Best match: mercurial 1.6
$ cd
$ cd tmp
$ wget http://mercurial.selenic.com/release/mercurial-1.6.tar.gz
$ tar xzf mercurial-1.6.tar.gz
$ cd mercurial-1.6
$ vi Makefile
PREFIX=/home/ユーザ名/local < 書き換え

$ gmake install-bin

$ hg --version

こんな感じでやると、さくらでMercurialが入ります。
次に、hgweb.cgiの設定についてごにょごにょします。

$ cd
$ mkdir hgrepo
$ cd hgrepo
$ hg init hoge
$ cd hoge
$ vi .hg/hgrc
[web]
push_ssl = false
allow_push = *

$ pwd
/home/ユーザ名/hgrepo/hoge/
$ ls -a
. .. .hg
  • hgweb.cgiをDocumentRoot直下にコピーします(任意の場所でOK)
$ cd
$ cd tmp
$ cd mercurial-1.6
$ cp hgweb.cgi ~/www/index.cgi 
  • ちょろっと設定書き換えます。
$ cd ~/www
$ chmod +x index.cgi
$ vi index.cgi
#!/usr/bin/env python
#
# An example hgweb CGI script, edit as necessary

# Path to repo or hgweb config to serve (see 'hg help hgweb')
#ここに表示させたいリポジトリの絶対パスを入れます。
config = "/home/ユーザ名/hgrepo/hoge/"

# Uncomment and adjust if Mercurial is not installed system-wide:

#コメント取り、上記で設定したPYTHONPATHの右側のフルパスを書きます
import sys; sys.path.insert(0, "/home/ユーザ名/local/lib/python/site-packages/")
#日本語扱うのに必要・・・らしい?
import os;  os.environ["HGENCODING"] = "UTF-8"

# Uncomment to send python tracebacks to the browser if an error occurs:
#import cgitb; cgitb.enable()

from mercurial import demandimport; demandimport.enable()
from mercurial.hgweb import hgweb, wsgicgi
application = hgweb(config)
wsgicgi.launch(application)

日本語で書いたコメントは書かないようにしましょう。
これで動くと思います。
(例)http://ユーザ名.sakura.ne.jp/index.cgi
で見れたら成功です。 
だめだったら、「#import cgitb;〜」のコメントもはずしてエラーを確認しましょう。

さて、こっからはクライアント側での作業をちょろっとだけ

  • クライアント側からサーバへのアクセス方法
$ hg clone http://ユーザ名.sakura.ne.jp/index.cgi hogehoge
差分はありません
ブランチ default へ更新中
ファイル状態: 更新数 0、マージ数 0、削除数 0、衝突未解決数 0

$ cd hogehoge
$ vi a.txt
テストなのですよ〜

$ hg add a.txt
$ hg ci -m "add a.txtなのですよ〜"
$ hg push http://ユーザ名.sakura.ne.jp/index.cgi
http://ユーザ名.sakura.ne.jp/index.cgi への反映中
変更点を探索中
遠隔ホスト: adding changesets
遠隔ホスト: adding manifests
遠隔ホスト: adding file changes
遠隔ホスト: added 1 changesets with 1 changes to 1 files

てな感じに操作できますよ〜。
まぁ、セキュリティに関しては何も対策講じてないので、そっちはいろいろと探してみてください